結婚式のマナー

自分も友人もある程度の年齢になってくると、段々増えてくるのが「結婚式」ではないでしょうか。
ただ、回数を繰り返していれば慣れていくとは言え、誰もが最初は結婚式初心者です。
初めての結婚式の際には、どのように振る舞えば良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。
自分が開催する側となる場合よりもはるかに多いのが参列をする側になる場合です、その際にマナー違反をしてしまって他の参列者から白眼視されてしまったり、大切な友人から嫌われてしまうことがないように、最低限のマナーを理解しておくようにしましょう。

そんな結婚式の参列マナーにおいて、まず最初に行うことになるのが「招待状への返信」です。
これについては、まず何よりも「早く返信すること」が重要になります。
主催者側としても早い段階で参列者数を把握して計画を立てたいと思っているため、ぎりぎりになってしまわないようにしましょう。
また、返す際にはいくつか消したり書き換えたりしなければならない項目があります。
例えば往復はがきの宛名面が「招待者名 行」となっていた場合、行を消して「様」に書き換えます。
さらに、出席をする場合には「御欠席」をすべて縦線で消し、「御出席」の「御」も消します。
さらに、住所や名前の敬語表現も消しましょう。
欠席をする場合も同様に消した上で、参列できないことに対するお詫びを一言書き添えるのがマナーとなっています。
さて、それではいざ本番、当日のマナーについて見てみましょう。



▽特選リンク
海外ウエディングとその旅行すべてをトータルプロデュースしているウェディングサイトです ・・・ 海外ウェディング